ケヤキハウス

ケヤキの木の下で夫と愛犬と、 二人と1匹の田舎暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
いまさらながら :: 2009/01/20(Tue)

薪ストーブの上にケトルを乗せて
お湯を沸かし、それを湯たんぽに入れる。

ケヤキハウスの冬の夜は
それが慣わしになって来た。

お湯はすぐに沸く。

ホーローのケトルはすぐにピーピーーと鳴り出す。

しかし、そのままにして置くとちょっとうるさい。
それに湯たんぽにそのまま入れるには
注ぎ口が平らなのでお湯がこぼれて危なそうだ。
それでそのお湯をコーヒーを沸かすポットに入れ替えて
細い注ぎ口から湯たんぽに入れている。

その工程がなんだか面倒くさくなって来た。

東京の家のケトルも注ぎ口が平らだ。

それで、比較的大きなケトルで
IH対応で注ぎ口のとがったいわゆるヤカンを
なんとなく探していた。


昨日東京のミッドタウンで
吸い込まれるように入ったお店。
(実はミッドタウンの中で犬のおやつ以外は
「お高い」というイメージが強くて買い物をしたことが無かった)
使いよさそうなキッチン用品。
棚に置かれているのはすべてステンレスの鍋やボール等。
研ぎ澄まされたデザイン
鈍く光るステンレス
でも温かみがある。

当然ケトルに目が行く。
熱心に見ていたら、
店員さんが説明にいらした。
「これは軽くて少しだけ傾けるだけで注げます。
もち手も握りやすくデザインされています。
もち手をたためばコンパクトに収納できます。
平たいですけど容量は多いです。」
と丁寧に説明してくださった。

ふんふん・・・魅力的・・・・

「これが柳宗理のデザインなのです」
「あら、ここは柳宗理のお店なんですか?」
恥ずかしながらお店の名前を見ずに入ったのだ。

聞いてはいたけど、
今更ながら知った
魅力的ななキッチン用品の数々。

「これはいつでもありますか?」
「はい定番でいつも置いてあります。
もし良かったらカタログお持ちしますか?」
「はい、頂きます」
と、見ただけで何も買わずに帰ったが

ネットで見たら¥2000ほど安い。
う~ん、欲しいなあ・・・・・

もちろん、言うまでも無くそのケトルは
注ぎ口がとがっている。



スポンサーサイト
  1. 名店
富士山鉄道? :: 2009/01/04(Sun)

ネットや新聞に
「富士山鉄道」の話題が載っていた。

麓から5合目まで
登山電車を走らせて
マイカーを減らすと言う。

現存のスバルラインの道を
そのまま鉄道にするらいし。

その入り口は「麓駅」と言う事になるらしい。

まだ案の段階だし
反対派もいるらしい。

麓の駅の場所から
ケヤキハウスは近い。
だから、ひょっとすると

新宿から
電車と徒歩(相当有るけど)で
我が家まで行けるかも・・・・

でもでも、観光客がやたら増えたり
ゴミ問題がもっと激しくなったり
もしも、富士火山が活発にもしなったりしたら・・・・
富士は霊山だから
人がやたら出入りしたら・・・・と心配してたら

夫いわく
「俺達が死んでからの話だよ」

そっか、そんな先のことか・・・・

心配して損した。

でも、電車で直行って、いいかも。
  1. ニュース
新年あけましておめでとうございます :: 2009/01/01(Thu)

紅富士

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

2009年
初日の出、この富士は左半分が
朝日を浴びて紅くなっている。

時間が経つにつれて
うす紅から光を浴びて白く光って来る。

そして周辺のススキも光って来て
本当に美しかった。

西側の山を見たら
去年はもっと低い地から見ていたので気付かなかったが
それに去年はこんな快晴ではなかったから
今日は全くの雲ひとつない快晴
南アルプス
だから南アルプスまで見えた。

本当に良いお正月になった。
  1. 生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。