ケヤキハウス

ケヤキの木の下で夫と愛犬と、 二人と1匹の田舎暮らし。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
エコキュートああエコキュート :: 2008/03/24(Mon)

3月20日にケヤキハウスに行って
設備屋さんからエコキュートの水抜きに付いて
説明を受ける約束になっていた。
それまでいろいろなトラブルが有った。
前回来た時、
とうとうエコキュートが凍結して動かなくなり
お湯が全く出なくなったのだ。
お湯は薪ストーブで沸かし
それを全ての事に使った。
小さい子供の頃に母が顔を洗う時
お湯と水を混ぜてくれた遠い日のことを想い出した。

食器は水で洗い、油汚れにはお湯をかけた。
そんな昭和な生活を強いられた前回。
エコキュートは寒さに弱い。
言われたとおりの水抜きでは
水が抜ききれずにとうとう壊れたのだ。

そして業者さんの説明によれば
素人ではとても出来そうも無い、複雑な水抜きをしなければ
完全ではない との事。

別荘として使う家の場合は
エコキュートは薦めない。

初めからそう教えてくれていれば
もっと違う方法があったかもしれない。

しかし「たら、れば」を言うのは止そう。


せめて、これを読んでいて
これから寒冷地に別荘を建てる方
エコキュートは止めた方がいい。

そう書かせていただく。

さて、今後どういう風に冬を過ごしたら良いか

選択肢は5つ

1、いちいち業者に水抜きメンテナンスを依頼する。
2、プロパンガスを引く。(水抜きが比較的に楽)
3、お湯を留守の間出しっぱなしにする。
4、部屋を留守の間暖めっ放しにする。(これは寒冷地の人が旅行する時にこうする)
5、エコキュートに小屋を作りそこを暖める。

3と4と5 は有り得ない。と言う結論になった。

1か2 である。
今更プロパンガスを引くと言うのは抵抗がある。
一番手っ取り早いのは
来期に限っては(翌年は未知)
1、にして冬の間はケヤキハウスは利用しない。
のが一番いいのではないか・・・という事になったのだが。

まだ、プロパンガスの見積もりが出ていないし、
メンテ業者さんの1回の金額もはっきりしていないのでなんとも決められない。
そしてもっといい方法があるかも知れないのだ。

テレビで散々宣伝をしていたエコキュート
そういえば最近は見ないなああのCM、
鈴木○香さんと眼鏡の子供のおもしろCM。

ああ、悩ましいエコキュート。
だそうです
だ、そうです・・・・・・・
ほんまでっか
スポンサーサイト
  1. 気持ち
何が私を動かした? :: 2007/08/31(Fri)

夫が「別荘を建てる」と言い出した時
「え?」と半信半疑で聞いていたあの時
現実になりつつあって
生活面での心配が心の大部分を占めていた。

夫が退職するまでは週末東京と山梨の往復で
2重の生活。
火災保険、光熱費、etc.・・・やっていけるか?
夫が退職した後は年金生活。
東京の家は息子達に任せて
しかし、たまには帰る。また2重の生活。

贅沢はいつもしていないが
病気になったら、怪我をしたらと
心配事は多々ある。

希望もあるが、心配もある。
それは現在も続いている。

しかし、私を動かしたのは夫のこの言葉
「いつまでいきられるか判らないけど、
後の人生は気持ちよく暮らしたいじゃないか?」

そうだよね。
冬は物凄く寒いけど
夏は涼しい。
夏の暑さに弱い私は特にそう思う。
それに毎日森林浴。
愛犬を思いっきり遊ばせられるし、
勿論いい事ばかりじゃないけど
それはどこに居ても同じ事。

又新しい生活も楽しいかも知れない。

そんな不安と希望が交錯している
私の胸の中だったが
乗り出した船はもう随分と沖に来てしまった。
希望を持って頑張ろう!


夫は愛犬に言う
「お前の為に家を建てるんだよ」

幸せな犬や
  1. 気持ち
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。